2014/08/22

わたしたちの本棚

共感の時代へ-動物行動学が教えてくれること
/ フランス・ドゥ・ヴァール著

ソーシャルメディアなるものが世に出てきてからというもの、やたらと「共感」という言葉が出回るようになりました。わたしたちもソーシャルメディアの運用に携わらせていただくことが多いこともあり、「共感」というキーワードをよく用います。ですが、そもそも「共感」って何なんでしょう?よく使っているわりに、わたし自身もその正体についてはあまり把握できていない気がしました。これではいかんと思い、手にとったのが今回取り上げるフランス・ドゥ・ヴァール著の『共感の時代へ-動物行動学が教えてくれること』( 紀伊國屋書店 )です。

著者であるフランス・ドゥ・ヴァールは、サルやチンパンジーといった霊長類の社会的知能研究で世界の第一人者として知られている動物行動学者。彼は、「共感」という能力は人間特有のものということではなく、生物の進化の中で獲得されてきた生得的な能力だと主張します。この考えは非常に受け入れやすいもののように感じました。なぜなら、サルだって、チンパンジーだって、集団を形成する生物であれば、相手の感情や意図などを即座に感じ取り、その相手と協調行動を取ったりすることができなければ、生きていけないことは容易に想像がつくからです。人間じゃなくても、他の生物との関係性のなかで生きていることには変わりはないわけです。「共感」は、太古の昔から生物の生存確率を高める重要な手段として進化してきたのでしょう。

共感の根っこには、まず「情動伝染」があると彼は言います。つまり、他者があくびをすれば、自分もあくびをしてしまう、他者がいまにも吹き出しそうになるのを必至でこらえている姿を見れば、自分にも何故だかじわじわと笑いが伝染ってくる、そういった身体的な同調作用が他者への共感の前提を形作っているというのです。表情やボディランゲージを介した気分の伝染がとても強いのは、このせいでしょう。ここで大事なことは「頭」でなくて「身体」で共感できるということ。つまり、意識的な決断によって共感するのではなく、身体側で無意識的に共感するのです。先に「身体」が判断を下してくれて、それから「頭」の方で後追いし、もっともらしい言い分をつくるというわけです。共感は「頭」でするものじゃないんですね。

ただ、「情動伝染」だけで、「共感」という能力を形づくることにはならず、他者への気遣いやその相手の立場になってみるという「視点取得」といったより精緻な能力が進化の中で加わることで、われわれ人間が行うような高度な「共感」に発展したようです。冒頭で述べたように、「共感」にも長い歴史の積み重ねがあるのですね。

本来的には、絶対に知り得ることのない他者の気持ち。そして、その裏返しとして、絶対にすべてをわかってもらえることのない「わたし」という存在。それをどうにかして知りたい、伝えたい、その不可能性をどうにかして突き破りたい。人間にはそういう欲求が備わっているように思えてならないわけですが、本書では、それが人間に特有の欲求ではないことを膨大な研究データを用いながら、証明してくれます。他者を理解したい、自分を理解してほしいという、その不可能性への試みが、1億年以上も遡って、人間がこの世界に現れる以前からすでに始まっていたこと、そしてそれが「共感」という能力の獲得の歴史でもあったということを本書は教えてくれました。

最後に、ソーシャルメディアと「共感」の話を少しだけ接続させて終わりにしたいと思います。毎日他者と感情を共有していると、お互いが相手を自分の中に「取り込み」、ついにはわかち難い仲であることが誰にも見て取れるまでになると本書では述べられていました。長年連れ添った夫婦が似てくるというのもその結果なのでしょう。だとすると、ソーシャルメディアを通して、日常的にファンと交流を行っていくことで、企業と生活者がお互いを「取り込み」ながら、双方に"かけがえのない存在"になっていく可能性というのは十分に考えられるでしょう。あらゆる企業が脱コモディティ化と戦っていて、差別化ポイントを探し出すのに躍起になっている現状のなか、お客さまにとってその企業が"かけがえのない存在"になっていくためのひとつの手段が現れた。ソーシャルメディアの登場とは、多くの企業にとってそのような意味と価値を持つのではないでしょうか。

COPYRIGHT (C) SUPER EDITION INC. ALL RIGHTS RESERVED.
Facebook 運用支援サービス