2014/10/03

わたしたちの本棚

知性を磨く「スーパーナチュラリスト」の時代 / 田坂広志著

ボクがこの本を読んでいるとウチの小林が「竹田さんもそんな新書を読むようになったらオワリですね」と、小生意気なことを言ってきた。ヤツは別にこの本の内容について難癖をつけているわけではなく、「知性とは何か、なんて命題に対して、手っ取り早く他人が考えた結論だけを手に入れようとするのは安っぽい生き方じゃないですか?」と言いたい訳だ。

この本にもちょこちょこ出てくるカント、ヘーゲル、マルクスといったお歴々のとっても難しい本をこよなく愛する変人ですからね、まあ、ヤツは。言いたいことはわかります。わかるけれど、残念ながら人生の残り時間も限られている中年オヤジとしては、この手の本でわかった気になりたい、というのが本音のところでございまして。

で、ですね、ものすごくわかった気にさせていただける本でした。世の中のさまざまな諸問題や日頃仕事通して気になっていることなんかも著者の鋭い切り口で切ってもらえると、とても良くわかるのです。ただし、文中に書いてあるとおり「知識」と「智慧」は別でして、わかった気にさせてもらった以上は、自分で鍛錬して「智慧」にしていきなさいよ、ということが肝要なわけです。

そんなわけで、この本の中でボクがビビビときた「切り口」のいくつかをアフォリズム的にご紹介します。

・・・・・・・・・・・・

野心とは、己一代で何かを成し遂げようとの願望。
志とは、己一代では成し遂げられぬほどの素晴らしき何かを、次の世代に託す祈りのこと。

・・・・・・・・・・・・

真の知性は、「戦って相手を打ち倒し勝つ」ことに価値を置くのではなく、「無用の戦いをせずに目的を達成する」ことに価値を置く。なぜなら、どのような戦略にもそこには「(部下や社員の)かけがえのない人生(の時間)」が懸けられているのだから。

・・・・・・・・・・・・

「21世紀、戦略とは最高のアートになっていく。」

・・・・・・・・・・・・

「言葉で表せる知識」が価値を失っていく時代、相対的に価値を高めていくのが「言葉で表せない智慧」である。高度情報化社会において求められるのは本来「智慧の修得法」とでも呼ぶべき「メタレベルの知性」。

・・・・・・・・・・・・

すなわち、「自分が見えている」ということ。
それは「知性」というものの原点でもある。

・・・・・・・・・・・・

ボクみたいに知性を磨く努力を怠ってその場しのぎの感覚で生きてきた人間には、短いページの中にたくさんの気づきを与えてもらえる本でした。言葉は平易だしあっという間に読めますが、読後感は「それなりの旅をしたような」ずしんとした感じになります。これも著者の本物の知性のなせるワザなのでしょう。

COPYRIGHT (C) SUPER EDITION INC. ALL RIGHTS RESERVED.
Facebook 運用支援サービス