2014/09/01

代表コラム

Vol.8 若者のすべて

新橋駅前の広場では、ギターやキーボードを弾きながら自作の歌を歌い、CDを売っている人たちをよく見かけます。先日ちょうど近くで待ち合わせをしていたので耳を傾けて聴いていました。彼らの歌はおおよそ恋愛や青春特有の心の揺れを歌ったものばかり。どうせならこんなおじさんの多い場所ではなく、もっと若者が集まる場所でやればよいのにと思っていたのですが、しばらく見ているとなんとなく様子がわかってきました。

実は面白いことに、立ち止まってCDを買っていくのはほろ酔い加減のおじさんたちばかり。中にはろくに歌を聞きもしないでお金だけ払おうとする人もいます。「歌上手いね、がんばってね!」「はい、ありがとうございます!!!」若者が一曲歌い終わる毎にこんな会話が繰り返され、おじさんは千円札と引き換えにちょっとした見栄や自尊心を満たしていくわけです。

ああ、そうなっているのか。なるほど同年代の若者たちはお金も持ってない上に、歌われているテーマの当事者として内容にもシビアなのでしょう。いつしか歌そのもので共感を得ることよりも、「夢に向かって頑張る若者の姿」をおじさんたちに買ってもらう方が手っ取り早いと、そんなことに気づいてしまったのかもしれません。

表現者として作品に込めたはずの熱が、アルコールとともに夜の街に蒸発し、燃えカスと小銭に姿を変えていく。私にはその光景がなんとも寂しいものに映りました。懸命に歌う彼女の中にはまだ「後ろめたさ」が残っているのだろうか。「ずるさ」が表現者としての大切な部分を蝕んでいきやしないだろうか。「すべからく若者は王道を歩むべし」。どこかで聞いたそんな言葉を思い出します。もう既におじさんの一部となった自分ですが、それでも「ずるさ」に逃げたくはないと、日々、青臭く、自分と戦っています。頑張ろうよ。

COPYRIGHT (C) SUPER EDITION INC. ALL RIGHTS RESERVED.
Facebook 運用支援サービス